hituziのブログじゃがー

あべ・やすし。最近は ツイッターばー かきょーる。

新型コロナウイルスと ことばのバリアフリー(医护人员如何追求语言无障碍)。

 2015年に、『ことばのバリアフリー 情報保障とコミュニケーションの障害学』という本を かきました。

hituzinosanpo.hatenablog.com

hituzinosanpo.sakura.ne.jp


 その内容と相通じる活動が、新型コロナウイルスの治療に とりくむ中国の医療現場でも みられるようです。リンク集として、まとめておきます。


 まず、ツイッターで みかけたもの。

→「快讯︱“战疫语言服务团”助力湖北抗击疫情 - 商务印书馆


 つぎにウェブの記事。


 つぎに冊子とウェブサイト。


 ここで確認できるのは、ふたつの種類の ことばのバリアフリーです。
 ひとつは、地域語。武漢(ウーハン)など、湖北(フーベイ)省に 外部から医療人(医師、看護師)が やってきます。現地の地域語(いわゆる方言)が ききとれない場合があるわけです。それは日本の歴史のなかでもあったことです(『ことばのバリアフリー』148、165-166ページ、2019年度後期の担当授業「多言語社会研究」の第5回「災害がうつしだす言語問題」の配布プリント参照)。とくに高齢者の場合、それほど北京官話(普通话)を はなしなれていないことがある。ましてや、呼吸が くるしい状態にある患者さんたちの ことばを ききとることは、それほど かんたんではないでしょう。さらに医療人は、かなり ぶあつい防護服を きています。
 そこで、湖北省 各地の ことばを 紹介するウェブサイトとか冊子が つくられたんですね。また、現地の医療人がコミュニケーションボードを つくったという例が 紹介されています。
 もうひとつは、手話。ろう者の患者さんとのコミュニケーションを するために、ジェスチャーを かんがえたり、手話を 学習したりしている様子が 報じられています。

 わたしが おもうのは、通訳も必要だろうということです。もちろん、通訳者が現場に はいることはできません。感染のリスクがあります。なので、現地の医療人が通訳するとか、手話のできる医療人が通訳するという方法もあるでしょう。そして遠隔通訳を することも、可能だろうと おもっています。遠隔通訳の利点は、感染症の予防になることです。

 ともかく、このような実践や報道は、今後も でてくると おもいます。今後もチェックして、このページに追加していきます。

記録すること、ふりかえること(3月1日に、2月1日の武漢を)。

hituzinosanpo.hatenablog.com

 うえの記事で紹介した武漢のユーチューバーの動画で、3月1日に ふりかえってみたいものがあります。涛鸡公(タオジーゴン)さんの つぎの動画です。


武汉封城第十天 再居家隔离四天结果会如何

 武漢が閉鎖されて10日めだった2月1日に、「あと4日で14日めだ、結果は どうなるだろう?」と はなしている内容です。
 「いちばん おそれているのは、あと4日しても、このままの状態が継続してしまうことだ」「14日めには 正常に もどれば いいんだけど」といったことを はなしています。また、「外国でも感染した人が でてきている。ただ、さいわいなことに、まだ外国では なくなった人は いないようだ」とも いっています。

 「いちばん最初の患者も あの海鮮市場には いってないそうだ、海鮮市場が来源ではないかもしれない。」「いずれにしても、あの海鮮市場は問題だ。違法に あれこれの動物を うっているだなんて。クジャクなんか たべる?」「あそこで どんなものが うってるのか、全然 しらなかった。」などといったことも いっています。


 この1ヶ月で、状況が ものすごく ひどくなったし、ここ最近、中国国内では、だんだんと ピークを すぎてきているとも いえます。しかし、場所を かえて、あらたに急激な速度で感染が ひろがっていることが 発覚しました。クルーズ船のダイアモンドプリンセス号、韓国のテグ、イタリア、イラン…。


 ともかく、3月1日で、武漢は閉鎖されて39日めです。

舞HAN丰C的第三十九天 隔三天来一次的蔬菜超市来了 下楼丢垃圾买菜 忘了帮小泽拿作业本


 39日だなんて。外に でるのが おそろしいという日々が39日も つづいている。そのこと自体が、なんとも いえない事態です。当初 きかれた「武漢加油(武汉加油)」というメッセージも、途中からは「武漢(武汉挺住)」が使用されるようになりました。「加油」が「がんばれ」なら、「挺住」は「ふんばれ」くらいの意味でしょうか。



武汉雷神山医院32名患者治愈出院

 このニュースを みると、武漢の病院に入院していた人が退院している様子が確認できます。
 退院して、おわりではないです。状態確認の連絡を つづけて、14日後に再検査です(中国での新型コロナウイルスに関する診療方針 第6版の規定だそうです:《新型冠状病毒肺炎诊疗方案(试行第六版)》解读_解读_中国政府网)。ほんとうに、ながい時間が かかります。症状が でて、検査をして、場合によっては すぐには症状があっても陽性反応がでず、しばらくして陽性となり。どのタイミングで入院できるかは 別として、入院生活を して、回復できるまで 39度の発熱が でたり、お腹を くだしたり、せきが でたりと。それから、回復してきてCTやPCR検査をし、状態を 確認し、やっと退院。そして自宅待機。しかしまた陽性が でることもあるということなのです。そうしてみると、日本の今後も すこし想像ができます。


 ツイッターで今村顕史(いまむら・あきふみ)さんという医師が、つぎのように のべています。

この1~2週間が重要な時期。しかし、2週間が終わっても、急に流行が止まることはありません。したがって、2週間後に全ての予防策を終えられる、ということではないのです。みなさんは、これからの2週間を過ぎた後の「持続可能な予防」についても考えておく必要があります。

https://twitter.com/imamura_kansen/status/1233514341871366156

2週間を経過した後も流行は続きます。その後も持続できる予防を検討しておくべき。手洗いや、咳エチケットなどの、基本的な感染対策はもちろん継続。狭い閉鎖空間に人が長時間集まる場所、感染する可能性が高い行動など、生活環境や行動パターンも再確認しておきましょう。

https://mobile.twitter.com/imamura_kansen/status/1233514690329878530


 たとえば、感染予防のために「換気のよくないところで、あんまり たくさんの人と接触しないようにする」。ある程度は予防できても、完全にゼロにはできないでしょう。しっかり手を あらい、アルコールで消毒する。なるべく個食にする。もちろん 気を つけないといけません。しかし、感染する人は ふえていくでしょう。他罰的にならずに、ただ改善を のぞんだほうが いいのでしょう。ゆっくりと。
 そして、たまには「新型コロナウイルス感染症に関する報道発表資料(発生状況、国内の患者発生、海外の状況、その他)|厚生労働省」を みて、1週間まえ、2週間まえ、1ヶ月まえ、2ヶ月まえ、どんな状況だったのかを ふりかえってみる必要が あるように おもいます。記録が あればこそ、ふりえることが できます。記録があればこそ、今後の参考にすることが できます。

京都に きて10年。40才になり。

 あー。なんか、ひさしぶりにブログ かいたですわ。「はてなダイヤリー」から「はてなブログ」になって、なんか ひさしぶり すぎて よく わからない。ブログ かくのって、たいへんすぎない? なにこれ。京都に きて10年になるんですわ。びっくり。2011年度から大学で金曜日だけ授業してきて、2018年度と2019年度は あたらしい科目を 臨時で担当したりして。なんか ゆっくりできないなあと おもうし、とはいえ、だらだらと映画などを みてすごしている。

 けどまあ、なんか また、ブログ かいたりもしようかなと おもいますね。

新型コロナウイルスと ユーチューブ(疫情之下的YouTube)。

 新型コロナウイルス(新型冠状病毒)がニュースを さわがすようになって、つまりは「人から人への感染(人传人)」が指摘されるようになって、中国の情報を あれこれ みてきました。わたしは中国で生活したことはないし、Weibo(微博)のアカウントもありません。Wechat(微信)のアカウントは ありますが、ともだちが いません。なので、基本的には ユーチューブを みてきました。とくに、武漢(Wuhan=ウーハン)が封鎖されるというニュースが ながれてから。漢語(いわゆる中国語)は、そんなに できるわけじゃないし、日常会話は けっこうできるよというレベル。長文を よむ気力も語学力もない。だったら動画だ、というわけです。


 中国ではWeiboで情報発信することが一般的のようです。けれども、あえてユーチューブで情報発信している人もいます。中国ではツイッターフェイスブック、ユーチューブ、インスタグラムなど欧米のメディアツール(ソーシャルメディア)は中国国内からアクセスできないように制限されています。けれども、壁ごえしてアクセスしている人は たくさん いるんですね。壁ごえを 漢語で「翻墙(ファンチアン)」と いいます。中国在住の日本人も、よく壁ごえされてますね。「翻墙者: GFW墙外网址导航」という、壁ごえした人用のウェブサイトがあったりします。


 そんなことで、中国のユーチューバー、たくさん います。今回は、武漢のユーチューバーを ご紹介。あと、とても参考になるメディアのユーチューブチャンネルも。 


 武漢在住のユーチューバーさん、罗宾(ロビン)。罗宾 - YouTube


【武汉肺炎疫情扩散】武汉人谈“武汉肺炎”
(2020年1月20日


“武汉肺炎”最新消息 我们封城了 | 武汉医护人员透漏的消息
(2020年1月23日、武漢が閉鎖された日)

 毎日動画をアップしています。「武漢」などの用語がタイトルに はいっていると、広告収入が えられないそうです。ユーチューブとしてはデマを 防止する意図があるのかもしれませんね。「封城」という「都市を閉鎖する」という意味の用語が 今回 中国で つかわれていて、最初は「封城日記」と題した動画を アップされていました。あるころからは「封城」の頭文字をとって「FC」(FengCheng)と表記されています。武漢が閉鎖された当初は ちょっと のどが つらかったそうで、家族から 感染を うたがわれ、自宅の部屋で隔離されていて、食事も部屋のまえに おかれ、部屋から ほとんど でられない生活を おくっていました。そのあとは、電動バイクで外出したり、ドローンを とばして武漢の風景を 撮影したり、買いものしたり、毎日、毎日 たのしい動画を アップされています。もちろん、つらいことを はなしていることもあります。わたしが かいたコメントに返事を くれたりします。マメです。
 なお、武漢で 病院に 人が殺到している様子が 日本でも報道されていました。途中からは 直接 病院に いくのではなく、まず社区に連絡するという方式になったそうです。

【武漢封城日記】疫情封城第9天,政府未能解決武漢市民困難
(2020年1月31日の動画で説明あり)



 武漢在住のユーチューバー(というか3人家族だけど…)、涛鸡公(タオジーゴン)涛鸡公 - YouTube
 まるまるした人がタオジーゴンさんです。ある日、外出して 野菜を たくさん かってかえってきて 配偶者さんには「ヒーローだ」と いわれていましたが、こどもさんには「ヒーローって感じじゃない」と いわれていました。毎日、毎日、とくに料理や食事の風景を アップされています。ほのぼのしていますね。

第三十七天 涛鸡公磨菜刀 小泽认为磨刀石是豆腐 青椒炒鸡蛋
(2020年2月28日)

武漢が閉鎖されて、どれくらい日にちが たったんだろう? そんなことを おもったら、このチャンネルを みると わかります。たとえば、2月28日の動画には37日め(第三十七天)と かいてあります。こどもさんは、ずっと外出していません。


 武漢在住の記録動画制作者と よびたくなるような蜘蛛猴面包(クモザルパンと訳していいのか?)さん。蜘蛛猴面包 - YouTube ウェイボーのアカウントもあります。https://www.weibo.com/jackass
 この人は、ボランティア活動と映像記録活動を されている。最初は、医療人を 送迎するボランティアをしていました。それから、病院に無料で食事を 提供する食堂の紹介、病院で医療人の散髪をするボランティアの紹介などなど、たくさんの人たちの活動を 記録しています。みなさんに、今回のことが すべて おわったら なにが したいですか?という質問を なげかけています。いろんな回答が でてきます。

武汉封城日记 13 - 小区封闭后的生活,一场无法赴约的婚礼
武漢が封鎖されるだけでなく、団地の敷地内しか外出できない状態にある市民が もう うんざりだと おこっている場面がでてきます。おわりが みえないからこそ、ストレスも たいへんなものでしょうね。団地の敷地は もともと柵で かこまれているようですが、正門以外は閉鎖され、やがては正門で出入りが管理されるようになり、ひと家族に ひとりだけ、3日に1回しか外出できないという状態になり、やがては仕事などでないかぎりは通行できなくなったという ながれだったようです。買いものは正門でしています。人が たくさん あつまらないように、事前連絡制のようです。高層マンションで くらしている人が ほとんどという居住スタイルが、人の移動を 管理するうえで 役だっているというか、機能しているわけですね。もちろん、それって つらいわけですが。


 看護師をしている配偶者さんが感染してしまった人が闘病/看病の様子を 動画で公開するという、なんとも いえないことを されている人もいます。ユーチューブでは「二更 - YouTube」というメディアで紹介されています。撮影者は海棠(ハイタン)さん。


【武漢】被感染的急診科女護士 Episode 1
内容が つらいので、ずっと みなかったんですが、だいぶ回復したらしいことが わかってから 全部 みました。つらいです。ほんとうに。みているだけで。
英語字幕が つくので、英語でコメント つける人が かなり いますね。【Wuhan】Coronavirus Diary - YouTube


 漢語メディア、鳳凰衛視 Phoenix TV - YouTube
武漢來信」というシリーズが おすすめです。いろんな人にビデオチャットでインタビューしています。蜘蛛猴面包さんも登場。医者や看護師、ボランティアなどなどが とても具体的な はなしを しています。


《名人面對面》武漢來信(十四)中南醫院張笑春(下):一個醫生的真話 20200225【下載鳳凰秀App,發現更多精彩】

なかでも、張笑春(チャン シアオチュン)医師のインタビュー2回めは、世界中に紹介されるべき内容であろうと おもいました。CPR検査が陰性だからといって安心してはいけない、CTを 重視すべきだと警告したそうです。最初はWechatに かいただけだったようですが、張医師の提案は当局にも ききいれられたということで、すばらしいことだと おもいます。病院に迷惑を かけるかもしれないと いって辞表を かいたけど、病院長は 心配しなくていいと いったそうで。


 さいごに、日本で生活している武漢人の活動を 紹介した動画も。

在日募集物资的武汉人,向买不到口罩的日本出租车司机道歉【我住疫情特别篇】

人気番組「我住在这里的理由(私がここに住む理由)」の特別編。同級生が 武漢で なくなったという はなしが でてきます。新型コロナウイルスによってではなく、人工透析の治療が継続できずに、とのことです。


 とりあえず、わたしが紹介したいのは、こんな感じです。しかし、アカウントは かなり たくさんあるので、うえに紹介したチャンネルの動画を みていたら、ユーチューブのアルゴリズムが どんどん紹介してくれるでしょう。



4月3日 追記。

 BBCが蜘蛛猴面包さんと海棠さんを 紹介する動画を 公開しています。日本語字幕版もあります。

泣き叫ぶ妻、ネットで助け求める人も……新型ウイルスで封鎖続く中国・武漢 50日間の記録
(ただ、日本語字幕版はタイトルが変です。もとの動画は「肺炎疫情微紀錄片:武漢「封城」之後」という題なのに。)

 ながいこと闘病生活を おくっていた看護師さんが退院され、14日間ホテルで隔離生活を おくったのち、ついに帰宅されました。ほんとうに おつかれさまです。

【武漢】被感染的急診科女護士 Episode 25: 【回家】

 武漢での閉鎖生活の様子を つたえる記事がでています。2月29日の記事なので、1ヶ月まえの様子です。
news.livedoor.com

 武漢は、4月2日で封鎖後70日めでした。予定では、4月8日に 封鎖が 解除されます。すでに車の交通量も ふえてきているようです。

「この社会が うみだした」ということについて。

 なにか事件や問題が おきているとき、これは特殊なことではなくて、あのひとたちだけの問題ではなくて、この社会が、この国の政策が ひきおこしたのだ、と論じることがある。背景にあるものを よみとくということは大事だと おもう。じっさい、背景というのは あると おもう。社会のなかに、ものごとは ある。それは そうだ。


 だけれども、なんでも かんでも、そして、ただたんに、「この社会が うみだした」とだけ いっていれば いいのだろうか。



 津久井やまゆり園の事件。あれは、この社会が うみだしたのか。そうかもしれない。でも、そうだとばかり いっていては いけないと おもう。だって、そういう「論評」というのは、要するに、「これからも こういうことは おきる。覚悟しておけ」というような、「おどし」になってしまう。あんなこと、これからも おきてしまっては いけないのだ。もちろん、テロを 何度も経験している地域は この世界には あちこちに あり、毎日、メディアは かなしいことばかりを 報道している。


 けれども、わたしは覚悟なんかしたくない。だから、これからの展望を のべていくことも 同時に 必要だと おもうし、おどすような 口調で ものごとを かたるようなことはしたくない。


 大事なのは、この社会が どの方向を むいているのかということ。それを よく みきわめないといけない。そして同時に、自分は どのような社会で くらしたいのかということを しっかり かんがえて、社会にむけて発言していかないといけない。恐怖のなかで いきていきたくはない。でも、こわいことが いっぱい ある。そして いつの日か わすれてしまう。おもいだすのが つらいことも ある。ああだ こうだと ぐるぐるする。かなしい。


 けど まあ、やれることを やる。いやなことは いやだ。のんびり いこう。